ヨーグルトの効果のある食べ方とは?

ヨーグルトダイエットに効果のある食べ方がいくつかあります。

乳酸菌の食材であるヨーグルトはそのまま食べてももちろん
体に良いのですが、他のものとあわせることで、ダイエット効果もアップします。

ヨーグルトの善玉菌は、胃腸に届くまえに死んでしまいます。
そのためオリゴ糖を一緒にとる事で善玉菌の効果がアップしますので、整腸作用
を高める為に効果的になります。

オリゴ糖はバナナに含まれていますので、ヨーグルトを食べるときバナナを
刻んだものを入れて食べると、更にダイエットにも効果があがります。

プレーンヨーグルトには糖分が入っていませんので、甘みが欲しいときには
黒糖を使いましょう。

黒糖には、糖分を吸収する作用がありますので、脂肪がついてしまう
予防にもなります。普通の砂糖や果糖の多い果物を使うよりも糖分の
心配はありませんね。

ヨーグルトの大切な成分で、ヨーグルトの上澄みがありますが、これは大切なもの
ですから捨てずに必ず混ぜて食べてください。

ヨーグルトは酸の強い食べ物ですから、胃腸が弱いときには気をつけて
食べてください。お腹がすいたときにはヨーグルト食べるとお腹が一杯になるような
事がありますが、なるべく食後に食べることもコツになります。

空腹時には胃酸で、善玉菌がさらに死滅してしまいますので、効果的に善玉菌を
吸収するには、食後がいいですね。

ダイエット中は果物などをたべてからヨーグルトを食べる事もよい方法に
なりますので、ぜひ試してください。

※その他健康に関する食べ物については
健康食としての薬膳料理の役割 をご覧下さい。